今月、ロベルトはミラノ・スカラ座で「マノン」3公演に出演しました。
マノン役はザハロワさま。Youtube に初日(10月17日)の映像がアップされています。第一幕のパ・ド・ドゥ、2場面あります。ぜひご覧ください。(:happy:)(:heart:)
[LINK]
[LINK]
by Chieko at 21:40, 25 Oct 2018
mimiさん
とってもステキな感想を書いてくださって、ありがとうございます。
うんうん、そうそう、と頷きながら読ませていただきました。(:smiling:)
ロベルトのパートナーへ向ける愛情が、素晴らしい舞台を作り上げる一つの要因になっているのは間違いありません。自分だけでなく、パートナーをいかに美しく見せ、さらに踊りやすくサポートするか常に考えているんだと思います。感動の裏側には、ロベルトの人間的な魅力も大きく影響しているんですよね。

今回、披露してくれた4作品以外にも、ロベルトのレパートリーはたくさんありますから、来年、何を見せてくれるのか、本当に楽しみです。(:happy:)
そして、オネーギンを語るのであれば、これは絶対「フェリ&ロベルト」ですよ!ロベルトのオネーギンは、本当に素晴らしいんです。昨年6月にニューヨークでオネーギン全幕をフェリと共演しましたが、ロベルト=オネーギンのあまりの魅力に卒倒しそうでした。(:heart:)

mimiさんのリクエスト、必ず何らかの形でロベルト(あるいは関係者)に伝えたいと思います。
そして、他の皆様も、来年の「ボッレ&フレンズ」で「これが観たい!」などのお望みがありましたら、ぜひ、メッセージお寄せくださいませ。
実現するかは別にして、日本のファンの思いをお伝えします!
by Chieko at 22:58, 21 Aug 2018
Chieko様

メッセージとツアー・チケットの情報、ありがとうございます。

チケットの発売を見落とさないようにしなければ!


今回、Aプロ、Bプロ共、一回ずつ見ましたが、全然足りない!各最低2回は行くべきでした。生のバレエは凄いです。今回は綺羅星ぞろい。その中でも、ロベルト・ボッレさんは、ひときわ輝いていました。今も、不思議な感覚が心に残っていているのです。これが、「オーラ」でしょうか?

毎カーテンコール時に気付いたのですが、ボッレさんは、パートナーにとても優しい目を向けるのですよね。温かいお人柄が伝わります。世界中のプリマ、バレエ団から、ここぞという時に、頼まれる理由もわかりました。

Sasaki Galaは、わぁ〜、なんて(白鳥さんも含めて!!)素敵なガラだったのでしょう。ボッレさんの魅力、全開ですね。来夏の「フェリ、ボッレ&フレンズ」では、今回の4作品「カラバッジオ」「ロミオとジュリエット」「タレス」「プルースト」を再演、切に、切に希望します!

以前、「タレス」を他のダンサーが踊っている映像を見たことがあるのですが、ボッレさんが踊ってくれたら、ぴったり、強さとエレガンス堪能・・・と思いました。今回も、「なんでこんなに美しいんだ、また見たい・・・」という声、ネット上で多いですね。曲も美しいし、映像美としても文句なしですから、バレエになじみのあまりない方も、お誘いしやすく思います。

フェリ&ゴメス「オネーギン」も、また見たいです。ボッレさんはゴメス氏と仲良しみたいだから、呼んでくれたら嬉しいな〜。それとは別に、フェリ&ボッレでなにか是非、踊って下さい。映像で何度も見たけれど、実際の舞台は違う感動がありますもの。

Chikeko様、ボッレさん側に、メッセージを送る折がありましたら、どうか、来年の「フェリ、ボッレー&フレンズツアー」の演出の一考として、お伝えいただければ幸いです。


本当に、素敵な時間でした!
by mimi at 16:19, 19 Aug 2018
mimiさん
メッセージありがとうございます!
Aプロ、Bプロ両方観ることができて良かったですね!
そうなんです。ロベルトは映像でももちろん素晴らしいんですが、生で観ると、登場した瞬間に劇場の空気そのものを変えてしまうような存在感とそのオーラに圧倒されてしまいます。Aプロの「カラヴァッジオ」の冒頭シーンがまさにそれでしたよね。ライトに映し出されたロベルトの肉体美、ゆっくりとした動作の滑らかさ、優美さに、開始一秒後から目は釘付けでした。
ガラも素晴らしかったので、ご覧になれず残念でした(:crying:)
「タイス」「プルースト」も天下一品素晴らしかったのですが、白鳥ロベルトが登場した瞬間に、それらの記憶が吹っ飛びました。(:laughing:)
シャイで真面目なロベルトがチュチュ着てポアント履いて、大きな白鳥に扮するなんて、想像を絶する出来事でした。優雅な腕の動きはバレリーナに負けない美しさでしたよ。(:happy:)

さて、来年の「ボッレ&フレンズ」公演ですが、もちろん一般向けに発売されます。NBSのほか、チケットぴあ、イープラスなどでも発売になるはず。通常だいたい5ヶ月から4ヶ月くらい前に発売が開始されますので、来年の3月、4月といった頃でしょうか。こちらでも情報入り次第、お知らせしますね!
「ボッレ&フレンズ」はロベルトが座長を務める公演ですから、ぜひ、全日満席にして、成功の手助けをしたいものです。お知り合い、お友達などにも勧めて、チケットいっぱい買ってあげてくださいませ。(:heart:)
by Chieko at 22:39, 16 Aug 2018
Chieko様

ご無沙汰しています。

世界バレエフェス、Aプロ、Bプロに行ってきました。

はぁ〜、何というか、ボッレさんがあまりに素晴らしくて、言葉を失いました。映像で何度も見ていたのに、生の舞台は、もう美麗そのもの。

15日のSASAKIGALAに行けなかったことが、残念でたまりません。
マチューとの「プルースト」、そして、ピンチヒッターとは到底思えない、「タレス」の流れるようなサポートと、ツィート上で絶賛の嵐ですね!それから、「白鳥さん」にまでなるなんて!

来年夏、「フェリ、ロベルト・ボッレ&フレンズ」公演が東京で開催されると聞きました。是非、行きたいと思っています。
バレエの公演に不案内なので、恐れいいりますが、チケットの販売についてお教えください。

 「バレエの祭典」の会員になる以外の方法で、「フェリ、ロベルト・ボッレ&フレンズ」のチケットを、NBSのサイトやチケットぴあ等で購入することは可能でしょうか?
 また、もし、その場合、チケット販売は通常、何か月ぐらい前に行われるものなのでしょうか?

 また、あの輝く踊りと笑顔を見たいです💛
by mimi at 20:48, 16 Aug 2018
yuriさま
そうですか。いらっしゃれないとは残念です(:crying:) (:crying:)
久しぶりにお会いしたかったです。
Aプロのロベルト、息を呑むほどの美しさでした (:happy:)
今日からBプロ、天下一品のロミオに期待が高まります。
ご覧になれないのはとっても残念ですが、でも、御安心下さいませ。
ロベルト、来年も来日しますよ!
来年夏に「ロベルト・ボッレ&フレンズ」が日本でが開催されるんです!
次回は万難排してご参加くださいませ!(:laughing:)(:heart:)
by Chieko at 08:57, 08 Aug 2018
ご無沙汰しています。
昨年のアルルの女の後、翌年にバレエフェスティバルで来日してくれるとは・・・ なのに今回は日程的にどうしても都合がつかず泣く泣く諦めました(:crying:)(:crying:)(:crying:)
マチューとのガラ見たかったです。
観に行かれる方、ロベルトの素晴らしいパフォーマンスを私の分もしっかり目に焼き付けてきてくださいね‼
by yuri at 22:09, 07 Aug 2018
いよいよ明後日、2003年以来15年を経て、世界バレエフェスティバルにロベルトが帰ってきます!(:happy:)
台風12号が関東に迫る中、無事に来日してくれたロベルト。リハーサルの合間には渋谷に出没してデパ地下をのぞいたり、センター街をブラブラしたりと、イタリアでは経験できない自由な時間を満喫している様子です。(:laughing:)

Aプロ:「カラヴァッジオ」共演 メリッサ・ハミルトン
Bプロ:「ロミオとジュリエット」共演 メリッサ・ハミルトン
ガラ:「プルースト」共演 マチュー・ガニオ

夢のようなプログラム。幸せです。(:heart:)(:heart:)(:heart:)(:heart:)(:heart:)
by Chieko at 21:47, 30 Jul 2018
さて、ロベルトがバレエフェスティバルで踊るAプロ、Bプロの演目が、NBSのサイトでは「未定」となったままでちっとも更新されません。とっくに決まっていると思うのですけどねぇ。
でも、8月15日のガラの演目は発表されています。
ロベルトが踊るのは、ローラン・プティの「プルースト〜失われた時を求めて」第二幕の『モレルとサン・ルー』。フォーレのエレジー24番に振りつけられた約7分のパ・ド・ドゥは同性愛がモチーフで、2人の男性ダンサーが踊ります。貴族で軍人の美青年サン・ルーと、彼を悪徳に引きずり込もうと誘惑する美貌のヴァイオリニスト、モレル。白天使と黒天使の闘いです。(:heart:)
今回のガラでは、白天使をパリ・オペラ座のエトワール、マチュー・ガニオ、そして彼を誘惑する魔性の黒天使がロベルトと、何とも豪華な組み合わせ。今回のバレエフェスティバルの目玉といっても良いでしょう!(:happy:)
ロベルトは、2016年3月の「ボッレ&フレンズ」で初めて演じて以来、20回以上もこの役を踊っており、逞しさと美しさの陰に見え隠れする非道徳性が圧倒的です。いつもはサン・ルー役をミラノ・スカラ座のライジングスター、ティモフェイ・アンドリアシェンコ君が踊っています。二人の映像は新しく発売されたDVDに収められていますので、ご覧くださいませ。
ガラのチケットは、すでに完売と言われていますが、戻り券の販売は今後もあるようですから、まだ手に入れていない方は、要チェック。
by Chieko at 15:33, 08 Jul 2018
DVDはロベルトをなかなか生で観ることのできないファンにとってお宝。Tamaさん、「ボッレ&フレンズ」のDVDもいつか手に入れてくださいね。(:smiling:)
by Chieko at 15:30, 08 Jul 2018
«prev

inobbs ver.3.1